女性の更年期が原因で抜け毛が増えることも

女性の体はデリケートですが、最近は更年期で起こる体の変化でいろいろと悩まされる事も少なくありません。その悩みのひとつとしてよく挙げられるのが、抜け毛が増えてきてしまって困ったという声です。最初は何でこんなに抜け毛が増えているのだろうと思って不思議に思っていた人も、もしかしたら原因は更年期なのだろうかと思い至るのです。もちろんそれだけが女性の抜け毛の理由ではありませんが、ホルモンバランスなどの変化により、結果的に毛が抜ける量が増えてボリュームダウンに繋がってしまうのです。この時期には、女性ホルモンの分泌がかなり減ってきますので、その影響で薄毛になりやすくなってしまいます。日々の食事などを見直して髪に良いものをなるべく食べるようにしたり、運動をするなどしていくのも効果があります。原因が分かれば治療や対処もしていきやすいので、あまり思いつめ過ぎない様にして、早めに病院に出かけてみてもらうというのでも良いでしょう。やはり抜け毛が増えるとそれだけ落ち込んでしまいます。自分の体の変化を受け止めきれずに、それもストレスとなってしまうこともありますので、自分の心身を労わりながら薄毛の改善などを気長にしていきましょう。

女性の抜け毛・薄毛の原因エストロゲンについて

女性ホルモンには、「エストロゲン」と「プロゲステロン」があります。エストロゲンは、女性らしい身体を作る働きをし、髪の毛にハリやツヤを与える効果があります。一方のプロゲステロンは、妊娠に必要なホルモンです。月経の周期に合わせて、この2つはバランスを保っています。しかし、何らかの原因でホルモンバランスが崩れてしまうと、薄毛や抜け毛を引き起こしてしまう事があります。
ホルモンバランスが乱れる原因の1つは、加齢です。年齢を重ねるごとに、女性ホルモンの分泌量は少なくなっていきます。特に閉経後は、その傾向が顕著になります。そのため、髪の毛の成長作用も低下し、抜け毛を引き起こしてしまうのです。
出産後もホルモンバランスが崩れやすい時期です。妊娠後期になると、加齢の時とは逆に、エストロゲンの働きが活発になります。すると、本来ならば抜けるはずの髪の毛が、抜けずに残ります。出産後はホルモンバランスが元に戻るのですが、この時に普段抜ける髪の毛に加えて、抜けずに残った髪の毛も一緒に抜けてしまいます。その結果、一時的に薄毛になってしまう事があります。
また、ストレスや生活習慣の乱れもホルモンバランスが崩れる原因です。これらは男性ホルモンを活発にさせ、女性ホルモンを抑制する要因となります。男性ホルモンの増加は、抜け毛を引き起こします。

 

ベルタ育毛剤は女性専用育毛剤

女性専用で使いやすいベルタ育毛剤の詳細はTOPページで確認できます